羽後町五輪坂 様邸

工期 平成20年4月〜平成20年7月

完成予想パース

☆☆ 木造2階建 延べ面積68坪☆☆

みどころ

重厚な屋根と和風モダンスタイルで統一された外観☆
☆広々テラスでゆったりおもてなし☆
☆シックでおしゃれな大ホールと和の客間が見事に調和☆
☆開放的なリビングと応接室でホームパーティーが楽しめます☆
☆その他施主様こだわり満載の住宅です☆

※注 写真をクリックしても拡大されませんのであしからずm(_ _)m

トップに戻る

施工事例案内に戻る

3月29日に地鎮祭を行ったI様邸が完成しました。
完成写真及び施工中の写真を載せましたので是非ご覧下さい。
完成写真

最終パース図です。完成予想パース図に
外構部分を追加しました。右の完成写真と
比べてどうですか?

完成写真です。左のパース図と比べて
みて下さい!

テラスは幅が1間あり屋根も付いています。
テーブルと椅子をおいてバーベキューを
するにも充分な広さです。

階段部分の外観です。オシャレな窓が
自慢です。

北側からの完成外観です。

東側からの完成写真です。

玄関ドアは両開きで重厚な雰囲気です。

玄関を入ると広々としたホールが迎えて
くれます。奥には大きな窓と、大黒柱が
見えます。

応接間とLDKの仕切りに3枚引き戸を
採用しました。3枚全てが戸袋に収まる
ために、通し部屋に最適です。

3枚引き戸を開けた状態です。
両部屋とも掃き出し窓で明るくて開放的な
空間が生まれました。

応接間からLDKを望む写真です。
3枚戸を全開にすると20帖以上の空間が
生まれるので、大人数のお客様を迎えての
ホームパーティーも楽しめます。

L型キッチンにフラット型カウンターを
取り付けました。少人数での食事なら
このままで出来ます。オシャレな椅子に
施主様のセンスの良さが伺われます!

L型キッチンです。大きなシンクに広い
作業スペースと収納力も抜群です。

IHクッキングヒーターです。

造り付けの食器棚を2カ所設けました。
これだけの収納力があれば安心です。

標準の洗面台より間口が2倍広い洗面
化粧台です。
鏡も大きく高級感あふれています。

FF式の灯油ボイラーです。

お風呂です。液晶テレビが付いているので
半身浴をしながらのんびりお風呂タイムを
過ごせます。

和室の入口戸はおしゃれで重厚な桝格子の
3枚戸です。
建具屋さんの技が光ります。

奥の障子は雪見障子です。
壁は塗り壁で縁側もあり、すてきな和の
空間に仕上がりました。

床の間、神・仏間です。

和室の奥から入口を望む写真です。

1階主寝室です。奥に扉を全開にできる
ウォークインクローゼットを設けました。
これなら物の出し入れも楽々です。

同じく1階主寝室です。窓を2カ所に設けた
ので、明るい部屋になりました。

1階トイレルームです。
幅は1365mmと広く、手洗い器を付けました。

2階トイレです。この頃は殆どのお客様が
2階にもトイレを設けるようになりました。

階段は1060mmと標準の910mmより150mm
広いスペースにしました。

階段室のサッシは小窓をつけてオシャレで
明るいスペースに仕上げました。

2階ホールです。
2階は建具、床とも1階の濃いブラウン系
とは対照的にライトメープル(薄色)です。

2階には寝室と子供部屋を2カ所設けました。

2階寝室にもウォークインクローゼットを
設けました。4帖のスペースがあるので
安心です。

2階寝室です。15帖ほどのスペースが
あります。2方向に窓を設けたので明るい
空間になりました。

2階子供部屋です。6帖のスペースですが
クローゼットがあるのでタンスを置く必要が
なく広々使えます。

2階トイレ横の洗面化粧台です。
もちろんシャワー付きなので洗髪も
出来ます!
完成写真は以上です。下に施工状況が載っていますので是非ご覧下さい。

施工状況(最終写真平成20年6月28日)


20年3月29日
地鎮祭の準備が整いました。


地鎮祭がおごそかに執り行われました。
いよいよ着工です。


丁張りをかけています。基礎工事関係は
土木部門(秋田県A級)の自社スタッフが
行いますので安心です。


基礎工事状況です。


配筋状況です。
防湿シートの上に鉄筋を全面に組みます。
これが湿気に強く地震に強い家の証です


生コン車とポンプ車が到着しました。
いよいよコンクリート打設が始まります。


スラブ部分の生コンクリート打設状況です。
ベタ基礎は面全体で地面を保持しますので
地震の揺れに強いばかりでなく、地盤沈下
にも強い基礎となっています。


立上がり部分の型枠据え付け状況です。


立ち上がり部分のコンクリート打設
状況です。


基礎工事が終了しました。


木材が到着しました。
優秀な木材の証であるAQ認定工場製品
集成材で柱は全て4寸角を使用します。


土台が置かれました。もちろん4寸角です。
土台下には基礎パッキンが敷かれています。
基礎パッキン工法は阪神淡路大震災の反省
をもとに急速に広がった床下換気工法です。


床には押出法ポリスチレンフォーム(スタイロ
フォーム)を断熱材として使用し、その上に
構造用合板28mm(ネダノン)を床下地に
使っています。ネダノンは地震に対する水平
構面としての性能が、ネダ打ち(ネダ間隔
300mmピッチ)+12mm構造用合板の
3倍の強度が得られるとともに、床鳴りが
発生しにくくなる利点があります。

クレーンを使っていよいよ建て方が始まり
ました。

クレーンを使っての建て方もほぼ完了
しました。もうすぐ上棟式です。

今日は大安吉日。上棟式の日です。
供物には「お酒、お米、お餅、海の物、
山の物、果物などを用意します。

上棟式の様子です。
豆知識
上棟式とは、竣工後も建物が無事であるよう
願って行われるもので、通常、柱・棟・梁など
の基本構造が完成して棟木を上げるときに行
われます。
上棟式特有の儀礼として、曳綱の儀(棟木を
曳き上げる)、槌打の儀(棟木を棟に打ちつ
ける)、散餅銭の儀(餅や銭貨を撒く)が行
われます。

近所の方が縁起物の餅を拾おうと集まってくれ
ました。
都会では珍しくなりましたが田舎では
当たり前の光景です。

屋根はカラーGL鋼板です。
下地にアスファルトルーフィングを敷きます。

外部構造材の施工が終わり本格的に
造作が始まります。

緊結にはホールダウン金物を使用してい
ます。丈夫なうえに本体・ビスともダクロ
タイズド表面処理され、防錆力・耐久性
にも優れています。

緊結にはホールダウン金物以外に筋交
プレート、山形プレート等も使います。

玄関ドアは両開きです。
お見せできないのが残念ですけど傷を
付けないために完成までカバーは外せま
せん。

サッシの取付が完了しました。
サッシは一部を除いて施主様の希望により
アルミサッシではなく、YKKプラマードV
(内外共に樹脂枠)の色は赤みがかった
ブラウンです。写真では分からないと思い
ますがガラスはグリーン系で外壁同様高級感
あふれるサッシです。

階段部分に採光用にオシャレな小窓を
4カ所取り付けました。

外壁が届きいよいよ外壁貼りが始まります。
ニチハの窯業系モエンニューグランド
(リーガストーン調)で色はランダブロンズを
採用しました。落ち着いた雰囲気の高級感
あふれる外壁です。

1階東・北側の外壁貼りが完了しました。

テラス柱部分の外壁貼りはコーナーが
4カ所あるので結構大変な作業です。

南側テラス部分の外壁です。

西側の外壁です。テラスの柱部分は
完了しました。

お風呂はTV付きでオシャレな1坪タイプの
システムユニットバスです!!

キッチンは淡いピンクのL型システム
キッチンです。

1階寝室の大容量ウォークインクローゼット
です。1階の建具の色はブラウン系(濃色)を
採用しています。

廊下には棚板5段の収納場所を2カ所設け
ました。扉は引き違いのガラス戸です。

ホールの大黒柱です。この頃はなかなか手に
入らなくなった欅の240角を用いました。

2階寝室のウォークインクローゼットです。
色は1階の濃いブラウンとは対照的に
ライトメープル(薄色)を採用しました。

内装屋さんのクロス貼り状況です。
下地作業も完璧に仕上がっています。

1階和室は塗り壁仕様です。

南西方向からの外観です。
外構工事を除いて外部工事は完成しました。

北東方向からの外観です。

東南方向からの外観です。

北方向からの外観です。

施工中の写真は以上です。

トップに戻る

施工事例案内に戻る

Copyright (C) Satokensetsu Co., Ltd. All rights Reserved.