保証体制
当社では、住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)として
国土交通大臣認定 住宅瑕疵担保責任保険法人(指定番号1)
「財団法人 住宅保証機構」の届出事業者です


住宅瑕疵担保責任保険とは?
工事が完成、引渡し後、万が一住宅が傾いたり、雨漏りしたりなど不具合がおきたら・・・?

登録業者が最長10年間保証します。そのために、工事中現場審査に合格した住宅に保証書が発行され、万が一の修補費用を保険でサポートする制度です。
住宅品質確保促進法にも対応しています。
そんな不安を解消してくれるのが「住宅瑕疵担保責任保険」。

制度のポイント
念願のマイホームに雨漏りや床の傾きなどが起きたら・・・?

新築住宅に10年間義務づけられている瑕疵(かし)保証を登録業者が確実に行えるよう、修補費用を保険でサポートするしくみです。

この制度では、瑕疵(かし)を未然に防ぐための独自の技術基準を定め、建築中に専門の検査員による現場検査を行い、住宅の引き渡し時には、登録業者より保証書をお渡ししています。

また、万が一保証期間中に登録業者が倒産しても、修補費用の約95%を保険でカバーされるので安心です。
マイホームを住宅保証制度の「保証住宅」とするよう、まずご依頼ください。

もっと住宅性能表示を知りたい方は
 住宅性能表示制度
登録証

現場審査(例 財団法人 住宅保証機構の場合)
現場審査について

現場審査の時期
現場審査の時期は下表の通りです。

一戸建住宅
 
基礎配筋工事完了時
  基礎コンクリートを打設する前の段階で、主に配筋工事を中心に検査を行います。
     
 
屋根工事完了時
  構法により時期が異なる場合がありますが、主に上部躯体等を対象とし、可能な範囲で屋根、外壁等の防水工事について検査を行います。
     
共同住宅等
 
基礎配筋工事完了時
  一戸建住宅と同様に基礎コンクリートを打設する前の段階で、主に配筋工事を中心に検査を行います。なお、地階がある場合等は、最下階の基礎配筋工事完了の時期となります。
   
  中間階床配筋工事完了時
    上表に定める各階の床の配筋工事完了時※に、構造躯体に関する工事の検査を行ないます。
2階以降は、10階、17階、24階…と7階毎に床の配筋工事※の完了時での検査となります。
※ PC等で配筋等の検査が困難なものは、下地処理前の段階です。
     
  屋根防水工事完了時
    屋根防水工事完了時に、防水層立上り端部、パラペット笠木、ドレーン廻りの防水の状態等について検査を行います。

現場審査の日程について
  現場審査日については、住宅登録申請時に「基礎配筋工事完了予定日」「屋根工事完了予定日」を記入していただいてますが、予定日が近づいてきましたら検査員と連絡をとりあい、再度現場審査の日程、時間、及び現場の場所について確認をして下さい。
また、工事の進捗状況により、予定した現場審査時期を変更する必要が生じた場合には、速やかに検査員に連絡をとり日時の調整を行ってください。

現場審査に関する書類等

登録申請時に必要な書類
現場審査時に必要な書類
住宅登録申請書
設計図書(付近見取図、配置図、平面図、立面図(4面以上)、及び矩計図)
確認済証の写し(建築確認が必要の建築物のみ)
施工実施報告書
設計施工基準の規定により地盤調査の必要な建設地にあっては、地盤調査に関する管理記録簿等(写しでも可)
材料・機器等の納品書 (参考資料)

工事写真 (参考資料)
施工図 (参考資料)
品質管理記録 (参考資料)

@ 「施工実施報告書」は、施工業者の方に工事の自主管理をしていただくことを目的として作成しているものであると同時に、現場審査の際に提示いただいて検査員が目視等により直接確認ができない事項について、施工状況を確認するために使用するものです。したがって、必ず必要事項を記入のうえ、現場で提示してください。
なお、すでに自社で自主管理のために「施工実施報告書」に類する書類を作成している場合は、機構の「施工実施報告書」に代えて現場で提示いただく事も可能ですが、その内容が大きく異なる場合は、自社の書類と併せて機構の「施工実施報告書」を提示してください。
A 工事の状況等によっては、検査員が補足資料の提示を求める場合もありますので、現場審査時には、なるべく、材料・機器等の納品書、工事写真、施工図、品質管理記録等についても可能な範囲で準備してください。

現場審査
@ 現場審査のスタンス
  現場審査では、設計施工基準に基づき制度への登録の可否を判断する「審査」とともに、住宅の性能向上を目途とし、現場でより望ましい工法・技術についての「助言・アドバイス」を行っております。
A 現場審査の立会い
  現場審査時の立会いについては、原則として、申請書にある現場施工確認者が立会ってください。現場審査時に施工状況等に関するヒアリングや指摘、助言アドバイスを行うことになりますので、やむを得ず現場施工確認者が立会えない場合でも、施工状況を十分に把握している方が立会ってください。

Copyright (C) Satokensetsu Co., Ltd. All rights Reserved.